Skip to content

Barcelona Day 3

 

バルセロナ滞在3日目。今日の一番初めのプログラムはスペインのブロガーたちとのミーティング。みんな目をキラキラさせてダイアンの話を聞いていました。

昨年のASVOFF4からASVOFFの広報大使をしてくれている女優のロッシ・デ・パルマが到着。今日の夜の授賞式の司会進行をしてくれます。

めずらしくわたしも1枚。

カタルーニャ語マリョルカ方言を話すマリョルカ島出身のロッシはカタルーニャ語、スペイン語、英語が堪能。(フランス語も!)バルセロナはカタルーニャ州の州都なので、今回の授賞式の司会にぴったり。というのもASVOFFバルセロナはバルセロナ市がサポートしてくれているので、なにごともカタルーニャ語を一番はじめに使わなければいけない、という政治的な背景があるのです。

打ち合わせのあとはVOGUE.ITのベンヤミノとフェデリコに会いにASVOFFパリのプロデューサーのダービットと市内のカフェに移動。

ダービット、ベンヤミノ、ダイアン、フェデリコ Santa Eulalia のカフェにて

Santa Eulaliaは昨年オープンしたハイエンドのセレクトショップ。

ASVOFFバルセロナのPRをしているマハラがオープニングのときのPRをしたので、わざわざ店長さんがご挨拶にきてくれました。

カシャフォーラムに戻ると、VIPルームには次々と審査員や受賞作品の監督たちが到着。

最優秀作品賞を受賞するGsus Lopezくん。まだロンドンファッションカレッジのファッションメディア専攻の学生で25歳。定時制のコースに通っていて学費も制作費もすべて自分でまかなっているそう。

ベンヤミノ

ダイアンの大親友でジャーナリストのロブがやっとロンドンから到着

フェデリコ、ロブ、ダイアン

ロッシもヘアメイクが完了。

初めの挨拶の内容を確認するダイアン。

モニカさんはダイアンがニューヨークでデザイナーだったときにモデルとしてショーに出演。今日は20年以上ぶりに再会!ASVOFFバルセロナのディレクターの一人でPRのマハラのおともだちだったなんて、世界はほんとうに狭いんです。

元アントワープ王立芸術アカデミーファッション学部の学部長で、いまはフィレンツェにあるポリモーダのディレクターを務めるリンダ・ロッパ。

ASVOFFバルセロナの審査員と受賞者たち

ミゲル・ヴィラロボスが作ったトロフィー

授賞式前。ベンヤミノ、ロブ、フェデリコ、みんなツイッターやってるのかな。

リアルタイムでツイッター、フェイスブックに情報をアップ。

携帯電話作品賞  “Boag” Jason Last

最優秀学生作品賞 “AMANTE”  Paul te Riele & Silvie Konings

最優秀音楽作品賞 “Gala’s Invitation” Alex Murray-Leslie & Anat Ben David

最優秀アートディレクション賞 “Twin Parrarel” Justin Anderson

ASVOFF Barcelona 最優秀作品賞 “Ephemeral Nature”  Gsus Lopez

受賞作品はまたこんどブログにアップします!

NYCで仕事を一緒にしたレイラさんとも20年以上ぶりの再会。

ロッシ・デ・パルマとASVOFF Barcelona 最優秀作品賞監督 Gsus Lopez

ASVOFFビートルでW Hotelへ。

ホテルのロビーのスクリーンいっぱいにASVOFFのフィルムが上映。

ディナー@WAVE  W Hotel

Party @ 26F Eclipse

DJ: Chicks on Speedのメーガン

Categories: ASVOFF, ASVOFF Barcelona.

Tags: ,